ちょっとした毎日の記録

わたしの記録です。

最近

最近は、

 

少し現実から遠ざかるように くるくると遊んでいました。

逃げていたんだと思います。誰からと聞かれると自分から。

 

仕事を探さないといけないということ。

もう夏なのに進むべき道が見えていないこと。

何もかも曖昧で、何もかも手探り。いや、探ってもない。

 

夏に、恋人ができた。

 

それも最初は曖昧な形だった、決して悪い意味じゃない。

お互いに曖昧に進めたかったのかもしれない。

なんせ会ったことがない人だったから。

会ったときにしっかり確かめるのも遅くないって思ったんだと思う。

そんな安心感がどこかあるひとだった。ごまかす嘘をつけない人だとおもう。

恋人ができたことは嬉しい。舞い上がって記事の内容が逸れるくらいには。

 

一緒にいて、いやなことを忘れさせてくれる人だと感じた。

なんでもないことでもすぐ笑いに変える、魔法使いみたい。

恋人とは今すぐに会える距離ではない。線と線で結んでも、すぐには着かない。

こっちで住みたいらしく、それまでに仕事を見つけるそうです。

私もまさに仕事探し。そう。現実。

そう簡単になんでもうまくいくわけじゃない。知ってる。

 

文章を書いてると落ち着く。自分の頭のなかが整理されてくる。

やるべきことをやろう。気楽に、少しちからを抜いて。